看護師とコミュニケーション

看護師にとって知識や技能、経験はもっとも必要不可欠な能力であり、どれが欠けていても看護師としての職務を完璧にこなすことはできません。しかし、それ以上に看護師にとって最も必要な事が実はあるのです。それはコミュニケーション能力です。
誰に対してのコミュニケーションかというと、医師及び患者に対してです。医師に対するコミュニケーションとしては、患者への診療行為を行う際に必ず必要になってくるものです。看護師と医師が信頼関係で固く結ばれている状態は、的確なコミュニケーションが取れていなければ確立しないということです。間違った医療行為はほんの些細なすれ違いから生まれてくるものです。それらの原因となるものは、コミュニケーション不足が大部分と言われております。看護師と医師のコミュニケーション、これが患者の良い悪い症状を一変するといっても過言ではありません。
現在では新人看護師に対して、先輩看護師がマンツーマンで教えるプリセプター制度というものがあります。はじめてのプリセプターでは、何かとうまくいかないこともあると思いますが、それがコミュニケーションを取る良い練習になるのではないでしょうか。

また患者に対するコミュニケーションとしては、医師よりもずっと接する頻度の多い患者に対し、日常のコミュニケーションを強めることで、ほんの些細な患者の状態をいち早く捉える事が出来ます。
患者とのコミュニケーションの取り方の多くは、話しかけることから始まります。これといって難しい事など全くありません。コミュニケーションの始まりは話すことから始まり、そこから情報の共有化が図られるのです。最後に看護師同志のコミュニケーションも知識、技能以上に重要視される能力の一つとなっております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です