看護師になるための学校

看護師になるためには看護学校を卒業して看護師国家試験に合格する必要があります。看護学校は看護大学と看護専門学校とあります。看護大学は4年、看護学校は3年のカリキュラムです。看護師には准看護師もあります。准看護師は国家試験ではなく、看護師や医師の指示が無いと看護作業ができません。ですが、准看護師は短大や看護科を持っている高校を卒業して試験に合格するとなることができます。准看護師は国家資格の看護師ではありませんから給料や出世など待遇に差が出てきます。経済的な問題もありますが、できる限り准看護師より看護師を目指しましょう。また、看護大学にはより専門的な知識を学ぶ大学院もあります。大学院では看護の研究を行います。医療の技術が日々進歩しているのと同時に看護の技術も日々進歩しているのです。かつては看護学校は専門学校が中心として行われていました。看護専門学校を卒業した看護師は即戦力として働けるようなカリキュラムが組まれています。一方、看護大学では看護の知識や研究を中心に行います。そのため、看護大学を卒業した看護師は即戦力とは言えませんが、戦力であることに変わりません。現在では看護大学を卒業した看護師は増えているようです。今後も大学を卒業した看護師が増えると予想されています。そして看護師として何年か働いてから大学院に入る人もいるようです。看護師に求められている技術や知識はどんどん増えていくので、3年の専門学校や4年の大学では覚えるのは大変だと思います。それでも限られた時間の中で必要な知識や技術をしっかり身に付けなければなりません。看護師になるには大変です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です